西武池袋線「狭山ヶ丘駅」東口から徒歩1分

診療時間 月火水木(AM)金土
[午前] 9:00~13:00 
[午後]14:00~20:00
(休診日:日曜・祝祭日・木曜午後)

施術の流れ(治療)

こちらで当院の受付から治療までの施術の流れをご説明いたします。

東洋医学の手法によって行います。基本的な施術の流れは以下の通りです。

施術の流れ(治療)

受付から治療までの流れをご説明いたします。

受付カウンターで診察券を出す

問診表へ記入

受付

受付に診察券をお渡しください(再診の場合)。

 

 

 

 

 

 

問診表に記入して下さい(初診の場合)。

 

診察室での問診

妊婦さんの問診の様子

診察(医療面接)

東洋医学の診察法である望聞問切の四診法で行います。

診察では、舌や、脈や、お腹や、背中を拝見して身体の状態を診ていきます。

そして、問診(医療面接)では、現在の症状とは直接関係のないような体の調子についても伺うことがあります。人はそれぞれ生まれ育った生活環境や、現在の生活パターンが異なるからです。からだや心の状態は、様々な所から読み取っていきます。

腹診をして切経との関係を診ます
これらの情報を脈で確認します

着替えて治療室へ

更衣室にて患者着に着替えをして頂き、治療室へ移ります。

四診法で情報を総合的に判断し、証と適応側を決定します。(証は、病気の名前というわけではありません。東洋医学独特の概念で、患者の全身の状態を表すものです。)

証を決めることにより、その患者の状態に応じた治療方針を立てます。

本治法では鍼管を用いません

治療(本治法)

消毒します。施術(刺鍼)します。経絡治療で本治法を行い、自然治癒力を高めます。

 

 

標治法では施灸も行います。

治療(標治法・補助療法)

症状により目的に沿った標地法・補助療法を行います。

安産灸の施術の場合、胎児の重さで肩こりや腰痛が生じている場合は、それも治します。

全体調整

仕上げの鍼は、てい鍼で行います

全体調整をした後、検脈を行います。

問題がなければ、全体調整をして終了です。

関連ページのご紹介

鍼灸治療

鍼灸治療について説明しております。

外観・院内写真

外観と院内の様子をご紹介しております。

東洋医学とは

東洋医学について説明しております。

お問合せ・ご予約はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

04-2941-2905
診療時間
9:00~13:00/14:00~20:00
休診日
日曜日・祝祭日・木曜午後

お問合せ・ご予約

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合せ・ご予約はこちら
04-2941-2905

MEDIA

-週刊「女性自身」に掲載されました-

週刊誌の取材があり、当院が「女性自身」(3月7日号)の治療院の特集記事で紹介されました。