西武池袋線「狭山ヶ丘駅」東口から徒歩1分

診療時間 月火水木(AM)金土
[午前] 9:00~13:00 
[午後]14:00~20:00
(休診日:日曜・祝祭日・木曜午後)

めまい・耳鳴り

こちらではめまい・耳鳴りについて書かせていただきます。

辛い症状でお悩みの方、お気軽にご相談ください。

めまいの治療について

「めまい」には、〝天井や頭がグルグル回る、フワフワする、地震のように感じる、体が後ろへ吸い込まれる、目の前が暗くなり、意識が遠くなる、真っ直ぐ歩けない″など種々の症状があります。私自身も10年以上前、回転性のめまいを経験しましたが、かなり辛かったです。

めまいは、その性質によって「真性めまい(前庭神経系の障害)」と「仮性めまい(全身性因子)」に分けられ、そしてその病変部位により「末梢性めまい」と「中枢性めまい」に分けられます。

東洋医学では、めまいを「頭眩」「とう眩」「目眩」「頭暈」「眩暈」と言います。

一般には「頭暈」・「眩暈」という用語が使われ、目がかすんで頭がふらついたり、物が揺れて動いて見える、まわりが回転して立っていられず、悪心・嘔吐し、倒れるといった症状を指します。

・周囲がぐるぐる回って見えたり、頚を動かすと起こる回転性眩暈は肝木の変動が多いです。

・ふらつきは腎水の変動が多いです。

治療は、まず望聞問切の四診法(当院では、めまいの症状で「平衡検査」も行います)により、経絡の虚実を導き出し、五行穴・五要穴を補瀉し、1鍼ごとに脈を診ながら本治法を行います。経絡治療ではこの本治法が非常に大切であり、有効です。

次に、症状から、目的に合った標治法を行います。

標治法では、必要に応じて特効穴治療や、奇経治療、皮膚鍼、施灸も行います。

当院では、両耳性めまい症など、病院で血管拡張薬やビタミン剤を投与し安静にするしかできない場合でも、経絡治療で効果を上げています。

耳鳴りの治療について

耳鳴りは気にしだしたらキリがなく、就寝時の静けさの音でさえ耳鳴りと感じる神経質な方もいます。

情報化時代の現在は電波や雑音が多いため、病院で正常な範囲が判断されても不安が消えないこともあります。

耳鳴りの原因は一つの原因では説明できませんが、臨床的に多いのは感音性難聴に伴う自覚性耳鳴りです。

東洋医学的には、耳鳴りは、体内の水分の流れが滞り、調整ができにくく内耳に水が溜まり循環が悪くなるからと考えます。

治療は、証に基づいて経絡を調整しますが、加えて耳周辺の経穴に刺鍼し、頚から肩にかけて筋緊張が見られる場合はその治療も行います。

そして頭頚部にのみ鍼治療を行うと肝気が上昇する場合があるため、必要があれば下腿へも鍼治療を行います。

関連ページのご紹介

鍼灸治療

鍼灸治療について説明しております。

東洋医学とは

東洋医学について説明しております。

概要・アクセス

当院の概要・アクセスについて説明しております。

お問合せ・ご予約はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

04-2941-2905
診療時間
9:00~13:00/14:00~20:00
休診日
日曜日・祝祭日・木曜午後