西武池袋線「狭山ヶ丘駅」東口から徒歩1分

診療時間 月火水木(AM)金土
[午前] 9:00~13:00 
[午後]14:00~20:00
(休診日:日曜・祝祭日・木曜午後)

東洋医学と鍼灸機器

ここでは、東洋医学と使用する鍼灸用具についてについて述べています。どうぞご参考にして下さい。

 

 

― 東洋医学と経絡 ―

東洋医学は自然哲学の思想を基礎にした実践的な治療医学です。それは臨床の積み重ねに基づき、その理論は天人合一思想や陰陽五行説などの自然哲学に由来しています。

東洋医学では、人の体の構成要素は、万物を構成する「気」・脈管を流れ栄養を運ぶ「血」・血以外の体内の水分である「津液」だとしています。それは生命活動のエネルギーである「精」によって働きます。気・血・津液が、精に支えられて正常な量と力を維持しているのが健康な状態です。

そして、経絡とは、体内を巡ることで生命活動を支えている気の通り道です。五臓六腑、四肢百骸を機能的に結びつけ、蜘蛛の巣のように全身を張り巡らせています。この経絡を気が巡ることにより、神経・血管・ホルモン分泌等に作用し、生体機能全体を調整してバランスが保たれています。

しかし、内外の病因によって気血の廻りが害され経絡に歪みや変動が現れると、その経絡の特徴による様々な病症が生じます。この経絡の歪みや変動を補瀉(正気の不足にはこれを補い、邪気がある場合にはこれを抜き去る)して正常な状態に整えるというのが東洋医学の病理感であり治療理念です。

 

毫鍼(使い捨て)

皮膚鍼(刺さない)
打鍼(木槌と鍼)
把磁五行鍼(吸角+磁鍼+五行軟膏)

施術に使用する鍼

私は、ディスポも含め「鍼」への思い入れは深く、大切にしています。
自分の中の正気を集めて「鍼」に注ぎ、鍼を通じ大気中の正気を集め患者の気を高めていきます。
邪気は、「鍼」に集め大気へ抜き放ちます。
「鍼」はそれぞれの「気」を操るだけでなく、患者と治療家に力を与え、守る手助けもしてくれます。
 
 毫鍼
■通常、使用する鍼です。使い捨てのディスポ鍼です。
・一般に、鍼管を使用しトントンと鍼を打つイメージが強いですが、経絡治療では鍼をそのまま刺入し補瀉します。管鍼法よりも気が集まり、鍼を多く深く刺さなくても治療効果が高いです。
・経絡治療の施術時には主に、補法で1寸3分の1番の銀鍼、瀉法で1寸3分の2番のステンレス鍼を用いてます。
 
 円皮鍼、皮内鍼
■皮膚に留置する鍼です。
肩コリや、腰痛、膝痛など、身体の痛み・コリの治療などに使います。
スポーツ選手が、よく使用しています。
 
 皮膚鍼
■刺さない鍼です。
生活環境の変化で、弱刺激があう体質の日本人が多くなっている現在、毫鍼の刺入刺激が強すぎると思われる方には接触鍼による弱刺激が適しています。
様々な種類があり、美容にも効果があります。てい鍼は、経絡治療の際、気の調整に使用します。そして円鍼やざん鍼(ラッパ型)など、刺す鍼の苦手な方に使用しています。
 
 打鍼
■夢分流の槌と鍼(蓮風打鍼)です。
・腹部に火曳之鍼、散ずる鍼、勝曳之鍼、負曳之鍼、相曳之鍼の施術を行います。
 
把磁五行鍼
■中国鍼灸学会推奨の刺さない鍼です。
・吸引と磁石の鍼で痛みや不調を和らげます。
 
こだわりの鍼
■こだわって作った鍼です。「気」を大きく動かすことができます。
自作の純銀の皮膚鍼です。打鍼術用の鍼、現代てい鍼、オリジナルてい鍼、長鍼の4鍼です。
大きく「気」が動くよう念を込めながら創りました。オリジナル鍼はさまざまな使い方ができるよう工夫してあります。
使用する灸、灸器

超音波エコー(逆子治療の参考に使用)

灸およびその他の機器

■様々な灸法を行う艾と灸器等です。
・透熱灸用の艾、知熱灸用の艾、真鍮製灸器、箱灸器、ローラー灸、棒灸、練り灸、台座灸、間接灸、深谷灸竹筒、灸点紙、灸頭鍼器、灸点棒・炭、灸用線香などがあります。
 
 その他の機器
■鍼・灸以外の治療や検査の機器です。通常は使用しませんが、必要があれば使用する場合があります。
 
○治療機器:赤外線治療器、鍼通電用低周波治療器、ポータブルパルス治療器、ラスパーエース、鍼通電用静電気治療器、電子鍼、振動付き電気温灸機、ヒットマッサー、振圧鍼、隔物灸(生姜灸・塩灸・大蒜灸)用温熱プレート
○治療時の判断に使用する機器:超音波エコー、簡易心電計、パルスオキシメーター、電子聴診器、聴診器、血圧計、伸縮式可動域測定器、打腱器、皮膚体温計、予測式電子体温計、精密ストップウォッチ、音叉
〇消毒機器:煮沸消毒器、超音波洗浄機、紫外線殺菌消毒器
 
■美容機器:イオン導入機、エアロファットマシン(吸引ローラー装置)、超音波美容機
 
 

 

 

関連ページのご紹介

鍼灸治療

鍼灸治療について説明しております。

外観・院内写真

外観と院内の様子をご紹介しております。

美容鍼灸

美容鍼灸について説明しております。

お問合せ・ご予約はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

04-2941-2905
診療時間
9:00~13:00/14:00~20:00
休診日
日曜日・祝祭日・木曜午後

お問合せ・ご予約

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合せ・ご予約はこちら
04-2941-2905

MEDIA

-週刊「女性自身」に掲載されました-

週刊誌の取材があり、当院が「女性自身」(3月7日号)の治療院の特集記事で紹介されました。