西武池袋線「狭山ヶ丘駅」東口から徒歩1分

診療時間 月火水木(AM)金土
[午前] 9:00~13:00 
[午後]14:00~20:00
(休診日:日曜・祝祭日・木曜午後)
コラム

Column

月の神秘

中国最古の医書である『黄帝内経』には次のような文があります。「月が満ちる時、気血は充実して、筋肉は丈夫になる。月が欠けている時、筋肉は弱くなり、経絡の気血も少なくなり、衛気(えいき)も去り、形骸(けいがい)だけになる。」

月は、古代から世界各国で様々な伝承があり、良くも悪くも「神秘の存在」としてまつられてきました。月光は恋人達の想いを一層強めたり、また反対に、月光は狼男伝説にあるように人間を狂気に変えたりもします。

月は人のからだに影響を与えます。満月と新月のころにおける手術では出血が多いことが確認されています。またヨーロッパには、「満月の夜は出血が多いから家畜の去勢は行わないほうがいい」という言い伝えもあります。

 科学的には、女性の月経がその名の通り月齢サイクルとぴったり一致している点、満月に出産が多い点、さらに満月には殺人や放火が多発するなど月の活動が人間に影響を与えているのはデータから判明しています。

人や動物が月の影響を受けやすい理由は、46億年前の原始の地球誕生に遡ります。

月は原始の地球に地球の半分ほどの微惑星が衝突した時にできたものです。その時、地球は外側の軽い部分を吹き飛ばされました。月は、おそらくこの吹き飛ばされた地球の岩盤によって形成されたと考えられます。

月と地球と太陽の間には、引力が存在します。その天体的な位置関係で、月は地球に潮汐現象を引きおこします。そして38億年前、太古の海のなかでは、有機物質は漂うだけでした。現在38万キロある月と地球の距離は、その昔、わずか1万5千キロだったといいます。今よりはるか大きかった月の潮汐力は、太古の海を嵐のようにかき回していました。その波の力は、ある種の有機物質同士を合体させました。

荒れる海の中で偶然出会った物質同士の合体、この時、地球に初めて、自ら分裂し、増殖するものがあらわれました。最初の生命の誕生です。さらに海で生まれた生命は、やがて多種多様な形の生物へと進化します。そして次のステップ。それは大潮の日、引き潮に置き去りにされたものの中から現れました。陸に適応したイクチオステガ。すべての陸上動物の祖先です。

そしてその際に陸上動物は、太古の海の成分を体内に持ち込みました。血液中の成分は、太古の海の塩分濃度に近いと言われます。だとすると揺籃である海が月の影響を受け続けてきたのと同様、人を含めた動物が、月の満ち欠けに何らかの影響を受けるのは、自然なことだと思われます。

地球の表面の80%は水分で20%が固体です。人間の体の割合も全くこれと同じ、80%の水分と20%の固体でできています。ですから、人間の体も海と同じように月の影響を強く受けているのです。海水の潮汐現象と同様な現象が体内でも起こり、人間の心理や行動に変化を与えます。

身体的には、満月近くになると「むくみやすい」だとか「食欲がわいてくる」等の症状が現れたり、精神的に「イライラする」「やたら人恋しい」、「テンションがあがる(あるいは下がる)」などと感じたりするのは、少なからず人間が月の影響を受けているという事なのです。

生命誕生、そして、海から陸への進出。全てが月の力のおかげで成し遂げられました。月がなければ我々人間は存在し得なかったと考えられます。

触覚。

触覚について。

 鍼灸治療では、触れるという事なしに診察も治療も行えません。触覚はとても大切です。

鍼灸はツボを確認するときはもちろん、診察時にも腹部や手首、患部の皮膚に触れます。そして鍼を接触したり刺す時にも押手と刺手は触れています。皮膚に触れること自体も治療になります。 

触覚を学説的に考えた場合、純粋な接触の感覚などというものは存在しません。私たちが何らかの接触を知覚したときは、その情報はすでに、他の感覚入力や、行動計画や、予想や、適度な感情と混ざり合っているからです。

これまで、数々の先人達の巧妙に考え抜かれた実験によって、機械論的な考えでは無理なことが明らかになってきました。

それは、同じ圧力、同じ動きで与えられるまったく同じ感覚刺激により、皮膚と筋肉から完全に同じ信号が脳に送られているのに、その接触が意識的に感知された時点で、すでに違って感じられているということです。 

触る感覚は、皮膚に備わる4種類のセンサー(メルケル盤・マイスナー小体、パチニ小体・ルフィニ終末)が行い、以下のように、それぞれ機械的刺激の受け取り方が違います。

 メルケル盤・・・唇と指先の皮膚に高密度に存在するガ、他の皮膚にはそれほど多くない。力が強まるのに比例して強く反応し、物体の縁、形と質感を識別します。

 マイスナー小体…指先はメルケル盤よりも高密度に分布。小体の外殻が最初に変形したり、元に戻るときにしか発火せず、握る力を制御します。

 パチニ小体…震動には非常に敏感ですが、それと引き換えに位置に鈍感。道具の先を感じられるなど離れたものの触覚情報を得、身体の感覚器の延長となります。

ルフィニ終末・・・他と比べて手の皮膚内の密度がかなり低いのですが、横(水平)方向の引っ張りに敏感。皮膚の形態(の変化の情報)を脳に届けている可能性があります。

伝送経路にも種類があります

Aα繊維は、筋肉、関節、腱から高速に信号を伝達し、自分の身体の各部が空間の中のどこにあるかという心象が形成されます。

Aβ繊維は、機械受容器からの信号を高速に運び、細かい触覚を識別します。どのような接触に対しても線形の反応を示し、空間的時間的解像度の高い触覚情報を伝えます。これにより身体のどこにあっても刺激のわずかな違いを識別できます。

C触覚繊維の週末は、有毛皮膚に存在します。人と人との接触で中ぐらいの速さで軽く撫でられることに特化し、毛の動きに反応します。愛撫の感覚器として働き、安心感を伴う心地よい漠然とした快感がゆっくり生まれます。

 男女の差もあります

下腹部から脳に至る感覚情報は、陰部神経、骨盤神経、下腹神経の3つの神経経路を通り、違う位置で脊髄を通り、脳へ到達します。しかし子宮と子宮頸の感覚は、直接脳幹に入る迷走神経、下腹神経が担い、脊髄を経由しません。

 そして冷熱に反応する神経線維があります。

TRPV1というセンサーは、、一個のタンパク質分子で、熱にもカプサイシンにも反応し、イオンチャネル(プラスイオンが流れ込む穴)を開きます。

TRPM8というセンサーは、メントールと冷たさの両方に反応します。

TRPV3は、ショウノウ、ナツメグ、シナモン、オレガノ、クローブ、ベイリーフなどのスパイス内の化合物で活性化します。

TRPA1は、ワサビ、ホースラディシュ、カラシなどのアブラナ科と、タマネギ、ニンニク、ニラネギ、ワケギなどのネギ亜科の植物により活性化します。

 痛みの知覚は、脳の各所に分散し、それぞれの領域が痛みの様々な側面にかかわります。

痛みの情報を伝える経路は5つあります。主なものは、脊髄-視床下部、後角-脊髄-視床。そして痛みは認知により増減します。

戦争中、衛生兵が、撃たれた味方を助けようと銃撃戦の中に飛び込み、仲間を安全な場所まで引きずりました。

その衛生兵の右足と太ももと腹には、手榴弾の破片が刺さっていましたが、本人は殆ど気づかなかったといいます。これは、戦闘という異常な状況下におかれて、認知的、感情的ストレス因子が痛みを鈍らせたからです。

脳は、能動的に、無意識のうちに痛みの情報を瞬間瞬間で抑制したり強化しています。偽薬によるプラセボ効果、瞑想やヨガなどマインドフルネスに基づくトレーニングなど、痛みの軽減に役立つ認知的・感情的対応はいくつもある可能性が高いと思われます。

 

さらに触覚は知覚であり、脳に伝わります。

言葉にしなくても、見つめなくても、触れることで愛情や感謝、同情などの感覚は伝わります。ところが、同じ圧力や動きの感覚刺激で皮膚と筋肉から同じ信号が脳に送られていても、人により知覚は異なります。例えば、会社で嫌いな上司が肩に腕を回してきた時の感じと、親友が同じことをしてきた時の感覚は根本的に違います。恋人ならなおさらですよね。

生物学的に触覚を突き詰めると見えてくるのは、人間的で、人間味のあるものだということです。

お問合せ・ご予約はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

04-2941-2905
診療時間
9:00~13:00/14:00~20:00
休診日
日曜日・祝祭日・木曜午後

お問合せ・ご予約

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合せ・ご予約はこちら
04-2941-2905

MEDIA

-週刊「女性自身」に掲載されました-

週刊誌の取材があり、当院が「女性自身」(3月7日号)の治療院の特集記事で紹介されました。