西武池袋線「狭山ヶ丘駅」東口から徒歩1分

診療時間 月火水木(AM)金土
[午前] 9:00~13:00 
[午後]14:00~20:00
(休診日:日曜・祝祭日・木曜午後)

不妊症・ED・逆子

こちらでは不妊治療・ED治療・逆子の治療についてご説明させていただきます。どうぞお気軽にご相談下さい。

 

不妊症の治療について

― 心身を健康な状態に整え、

妊娠しやすいからだをつくっていきます ―

 

ストレスが多く運動不足で、仕事等で無理をしがちな現代人は、「正気(生命力)」が不足しがちなため、抵抗力が弱まり、体調を崩すことが多いです。心とからだが冷えて妊娠しにくくなっているのです。そして、不妊自体の悩みや治療を受けたことによる精神的負担、身体的負担が影響する場合も考えられます。不妊は夫婦の1割以上に存在しています。原因は男女とも半々にあります。

不妊症の治療というと、子宮や卵巣を意識した治療になりがちですが、並行して、心身の不調や偏りを整えて状態を良くしていく、つまり、妊娠しやすいからだをつくることが必要です。そして、人間は自然の一部です。原始では人は生きて種を保存するための睡眠・食欲・性欲をもつ野生動物と同じです。できるだけ自然に即して生活することで、心身が健康になり妊娠の確立は高まります。

近年、日本でも高齢出産が多くなっていますが、高齢になるほど妊娠できにくくなります。1日でも早い鍼灸治療をお勧めします。

 

鍼灸治療の適応となるのは、心因性および原因不明とされる機能性の不妊症(子宮・卵管・卵巣などの器質的障害以外)に対してです。

鍼灸での不妊治療は、心身を健康な状態に保ち、卵巣と子宮の機能を高めて妊娠しやすい体質へと体を改善していくものです。鍼灸治療によって、次のようなプラスの作用が望めます。

1、 卵巣機能を向上させる⇒質の良い卵が確保できるようになります。

2、 生理周期およびホルモンを調節する⇒、数多くの均一な卵胞の確保が可能となります。

3、 子宮への血行を促進させる⇒着床に必要な子宮内膜の厚さを確保できるようになります。

4、 子宮の早期収縮を防止させる⇒流産の確立を下げてくれます。

5、 精神的ストレスを軽減する⇒リラックスできるようになります。

6、 心身を健康にした状態を保つ⇒母子とも安全に出産を迎えられます。

鍼灸治療は妊娠率に大きく貢献出来る可能性があることは医療機関による臨床データから報告されています。鍼灸を体外受精に併用することで妊娠率が1.61倍にまで上がるというデータも出ています。

 

当院では、体外受精を行っている場合、体外培養液で育てた胚盤胞を子宮に戻した とき、その子宮内膜の状態が、胚にとって着床しやすい環境になるよう妊娠しやすい心身を創っていきます。

それ以上の事もあります。事実、当院では、病院で体外受精の培養がうまくいっていない状態だったのにも関わらず、当院に通い5か月ほどで妊娠に至り無事に出産されました。

片方が卵巣機能不全だった場合でも妊娠に至っています。

当院の治療は、基本的には1週間に1~2回のペースで行います。

まず、経絡治療を行い、経絡のバランスを整えていきます。

次に子孕みの灸や三陰交や至陰の鍼灸を施し、卵巣と子宮の機能を活性化するために独自の皮膚鍼での治療を行います。そして冷え性など体の不調がある場合はその症状への治療を行います。

治療室は、プライバシーの保護や清潔保持を考えて個室にしてあります。

予約制です。ご夫婦で来て頂いても大丈夫です。

不妊治療は、治療自体に大きなストレスを抱えることが多いです。

鍼灸治療でリラックスして心を開放しましょう。

※通常、2年以上の夫婦生活をしていても妊娠しない場合を不妊症と呼びます。その中で、原発性不妊は一度も妊娠しないものをいい、続発性不妊は過去に妊娠や分娩をした経験があるがその後妊娠しないもの、不育症は流産や早産を繰り返しているものをいいます。

不妊の原因や症候と考えられるものは、以下の通りです。

〔冷え性、不感症、卵巣の発育不全、子宮後屈症、卵巣の炎症、放射線による卵巣の障害、精神的因子、無月経、月経不順、不正出血、月経困難症、過多月経、下腹痛など。※男性の不妊の場合もあります〕

ED治療について

ED治療は勃起障害とも言います。

陰茎の勃起は、心理的な刺激による中枢性勃起と物理的な刺激による反射性勃起があります。

刺激を受けた場合、S2-S4の骨盤の副交感神経は陰茎と陰核のラセン動脈を弛緩し、海綿体が充実します。

そして、球海綿体筋と坐骨海綿体筋は、海綿体の静脈洞を締め付け、静脈の還流を妨げて勃起を生じさせます。

勃起障害への危険因子としては、糖尿病、心疾患、高血圧、喫煙、飲酒、運動不足、男性更年期障害などが考えられます。

この病は個人差が大きいですが、30歳~40歳代の働き盛りにかけてみられることが多いです。

腰椎間を押すと痛みなどの反応が現れます。

ツボへの刺鍼で、鍼の響きが先端まで届けば短期間ですみますが、響きがなく刺されたところの鍼の痛みだけがある場合は重症です。

東洋医学では、EDを陽萎(または陰萎)といいます。

主に、腎陽虚、心脾虚、恐驚傷の腎証、湿熱によるものに分けられます。

 

鍼灸治療対象

・器質的ED(陰茎性、神経性、血管性、内分泌性)の比較的軽度なもの。

・機能的ED(心因性※自慰行為は可能なことが多い)

・混合性ED(糖尿病性)の比較的軽度なもの

※精神病性、腎不全、泌尿器科疾患、外傷および手術、加齢性のEDについては、ご相談ください。

ED治療は、全身治療で行います。当院での鍼灸の治療効果は高いです。

陰部神経に刺激を与えるツボに刺鍼します。特効穴に刺鍼、艾をひねって透熱灸をしていきます。

東洋医学的な経絡治療では、病証に応じて、腎経、脾、心経、心房経、任脈、胃経などのツボに鍼を施し、気を調整しながら症状を改善していきます。

70歳を超えてもまだまだ改善します。お気軽にご相談ください。

逆子の治療について

当院では逆子の治療に際し、お腹の中の赤ちゃんの位置を確認する為にエコー(超音波画像診断装置)を導入しています。これにより、逆子がすでに回転している場合には無駄な治療を控えることができ、そして、骨盤位から頭位に改善が認められた場合には、すみやかに主治医の先生への移行が可能となります。

※超音波診断装置(エコー)の使用については,医師の診察に代わるものではなく、鍼灸での逆子治療に関わる判断の参考として使用しています。そのため、超音波検査料はいただいておりません。 

 

 

胎児は、妊娠の早い時期から子宮の中で自己回転していますが、28週くらいになると頭が恥骨側に位置する「頭位」で安定するようになってきます。

しかし、逆子の形で安定することもあり、そのまま分娩に臨むと危険性が高いので、逆子を矯正した方が良いと言われています。

産婦人科では、外診と超音波診断による検査でわかります。

一般に28週くらいから逆子(骨盤位)を問題とし逆子体操を指導することが多いです。

鍼灸治療では、28週~31週に治療を始めると頭位に返る割合が高いので、3週間に6回~4回の治療を行うことを目安として、30週までに治療を開始できると良いです。 

当院でのこれまでの統計上、37週以降に入ると戻る率が急激に減少しますので、できるだけ早い受診をお勧めします。

 

逆子の治療は、鍼により経絡の調整を行った後、古来から行われている「逆子の灸」と呼ばれる至陰(足の小指)というツボ(経穴)の施灸を主とします。※状況により三陰交、背部特効穴も使用します。 

経絡治療は証により、手足の経絡・経穴を中心に治療しますので、母体に与える刺激量が少ないという優れた特性があります。

基本的には、週1回~2回当院で治療しますが、自宅でも施灸して頂きます。※灸(実費)をお渡しして、ツボや方法もお教えします。

妊娠週数に応じて灸の壮数を増やしていきます。

鍼灸治療をすると、お腹が柔らかくなり、赤ちゃんが自然に返るのをさらに返りやすくしてくれます。

全員が返るわけではありませんし、今までの研究では治療効果にも差があって不明なことも多くこれからも研究が重ねられていく必要がある治療法ですが、治療をする価値はあるものです。

 

近年は、鍼灸に理解のある病院や助産院は増えています。逆子治療を始めるにあたり、一度、医師や助産師とお話ししておくと良いと思います。

関連ページのご紹介

鍼灸治療

鍼灸治療について説明しております。

東洋医学とは

東洋医学について説明しております。

概要・アクセス

当院の概要・アクセスについて説明しております。

お問合せ・ご予約はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

04-2941-2905
診療時間
9:00~13:00/14:00~20:00
休診日
日曜日・祝祭日・木曜午後