自然浴・療術研究室

  • HOME
  • 自然浴・療術研究室

自然浴・療術研究室について

tenjinはり灸院の施術コンセプトは、『天人合一~人と自然の調和を考えた治療~』です。これは、東洋医学の「人体の形と機能が天地自然と相応している」という天人合一思想に由来しています。そして鍼灸や推拿での治療には「気」が関係します。施術者が「気」を感じてその「気」を出すことで効果を高めます。

自然界には、人を健康にしてくれる「気」が満ちています。当院では、この「大自然の気」を療術に役立てるため、「緑と清流のまち」を標榜する埼玉県飯能市に「気功」を中心とした「自然浴・療術研究室」(駅から車で15分弱 古民家の1室)を設けています。


現在、科学技術の進歩で人間社会の生活は便利で快適になっていますが、その代償として環境汚染や地球温暖化などが生じました。そして最近では、コロナウイルス感染によるリモートワークやリモート授業などコミュニケーションのオンライン化、そしてウクライナ戦争の影響による食料・エネルギーの供給体制の変化など日常生活の様式が変わり始めています。
それだけでなく、2050年の目指す社会として内閣府のホームページには「ムーンショット目標」が掲げられています。
私達はこの流れと共存していかなければならず、これに対応すべく病気にかかりにくい心身を創り、自分で健康を守らなければなりません。
そのためには、人に備わった自然治癒力を高めて「身体の生きようとする力」を引き出すことが必要です。そして、五感を刺激することもそうです。

自然治癒力を高めるには、体を良い「気」で満たすことです。
時々、都会の喧騒から離れて静かな自然の中でのんびり過ごしたくなりませんか。
ハイキングやキャンプなどで自然の中にいると、不思議と気持ちが落ち着いてきます。
樹木の生い茂った場所には多量の「気」が充満しているからです。良質な「気のエネルギー」が命を癒してくれるのです。

自然環境は生命力にあふれていて、良い「気」を与えてくれ、五感を刺激してくれます。
人は木漏れ日の光、木々の緑色などの景色を楽しみ(視覚)、草木の香りに触れ(嗅覚)、小鳥のさえずりで心地良く(聴覚)、樹木や大地に触れて安らぎ(触覚)、美味しい水を感じ(味覚)、心身共にリフレッシュする事ができます。

 

この研究室では、「気功」での採気を行っています。
「気功」とは、自然界に存在する「外気」を身体に取り入れ「内気」に変え、さらに強めて、特別な能力を生み出すものです。
採気の方法の中には、「樹林気功」という樹木からエネルギーをもらう気功法もあります。
樹木のエネルギーは人間より強いので、取り込むと生命力がパワーアップします。

まずは治療家が自然の「気」で内気を高めることで、治療に「良い気」を入れられると考えて実践しています。施術を行うことにより、体に取り込んだ「気」を、患者の経絡を通して意識に働きかけ、その身体にある種の生理的現象を生じさせます。この特殊な働きが神経系の働きを刺激し、筋肉系、血流などに影響を与えることで、自然治癒力を回復、増強させていきます。

根本にあるものは「人は、天地のごとく自然のままに生きるべし」です。
「大自然の気」を取り込むケアで、より美しく健康に、そして心にも栄養を。

お問い合わせ・ご予約

お問い合わせはお電話
メール・FAXで承っております。

TEL 04-2941-2905

           

診療時間 9:00~13:00 /14:00~20:00
休診日 日曜日・祝日・木曜日午後

メールでのご予約 メールでのお問い合わせ