施術へのこだわり

  • HOME
  • 施術へのこだわり

施術へのこだわり

当院の施術は、自然の一部であるヒトが持つ治そうとする力を働かせる事を目的としています。
そして病気になりやすく衰えやすい体ではなく、健康な体を作りたいと思っています。

現代社会では、便利で楽なものがたくさんありますが、それが逆に人間の能力を低下させることもあります。
健康な体を保つためには、できるだけ自分の足で歩き、自分の頭で考えること。
そして、自分の体が持つ治そうとする力を働かせることが、必要だと私は考えています。

経絡を整え、からだの内側から治していきます

自然治癒力を高め、からだの内側から治していきます

当院では、東洋医学をベースに治療を行っています。

西洋医学では、体の中を神経や血管が通るとしていますが、東洋医学では「気」が流れる「経絡」が張り巡らされていると考えます。そして、この「経絡」と気の出入り口である「ツボ(経穴)」を指標として、治療を行います。

「経絡」は五臓六腑につながり、中を流れる「気」のバランスが崩れると病気になったり、症状が治りにくかったりします。これに従い治療の基本は、“「経絡治療」の本治法で経絡を整えてから、症状に応じた効果的な標治法や補助療法で局所の痛みや不調を改善していく” という施術の流れで行います。

「気」について。

「気」とは、「万物を構成する連続的な流体であり、生命エネルギー」です。

中国哲学では一般に手でつかめない流動的なものを「気」、手でつかめる形のあるものを「質」と呼びます。「気」は常に動き、形を変えています。すると、物事や物質も「気」の動きとともに、様々に変化します。自然現象は、「気」の変化によって起こります。

人間の身体の中でも同じことが起こっています。「気」は人が生きようとする力であり、経絡を通じて五臓六腑を機能させます。「気」の変化が人の健康状態を左右します。

東洋医学に於ける「気」は“体感”するものであり、人が人に のみ触れ合った時のなかで始めて生じる現象と考えられます。人が人を真摯に治療する姿勢、構えの中で生じる現象なのです。

気持ちの良い安全な鍼

本治法では、鍼の種類を使い分けて行います。

鍼治療は、体の不調や疾患の改善を目指す治療法で、皮膚および筋肉に極めて細いステンレス製あるいは銀製の鍼を刺入することで行われます。
使用する鍼は使い捨てで衛生的です。

経脈と外部を繋ぐドアのようなものであるツボ(経穴)に、気を動かすのに最も効果のある「鍼」を刺し、経絡を経由して治療を行うことができます。
気の調整を目的とする経絡治療の刺鍼では、鍼先にまといつく生体の気の動きを重要視します。
足りない「気」を入れる補法は細い銀鍼を使用し、抵抗に逆らわず組織に吸い込まれるように刺入します。瀉法にはステンレス鍼を使用します。

患者に不快を感じさせずに気を整える経絡治療は、痛み刺激に敏感な日本人には最適な、安心な治療法です。

標地法や補助療法では刺鍼だけでなく刺さない鍼も使用します。

気の調整には銀のてい鍼、擦過には銀の円鍼やラッパ型ざん鍼、銅のいちょう鍼など。
そして症状に応じて消化器疾患には打鍼術、五十肩には把磁五行鍼など。

鍼の1本1本が痛く不快に感じて我慢するのが精一杯だと、治療目的が達せられなくなってしまいます。
本治法も、標治法や補助療法も、患者さんが刺鍼は気持ちよいと感じるよう丁寧に施術を行います。

 

施術コンセプト

天人合一 ~人と自然の調和を考えた治療~

東洋医学と経絡

東洋医学は自然哲学の思想を基礎にした治療医学です。
それは臨床の積み重ねに基づき、その理論は天人合一(てんじんごういつ)思想や陰陽五行説※などの自然哲学に由来しています。
「天人合一思想」とは、天(自然・宇宙)と人をひとつの統一体と考えて、人体の形と機能が、天地自然と相応しているという思想です。
当院では、この「天人合一」に基づく「人と自然の調和を考えた治療」を行います。

※陰陽説…世界の本質は気であり、陰陽の二気の対立と統一、相互依存によるもの。陰陽の変化とともに万物が進化発展すると考えます(昇・降、太陽・月、男・女、明・暗、浮・沈、寒・熱など)。

※五行説…五行は、木、火、土、金、水という五種類の物質の関係をいいます。東洋医学では、五行の特性を人体と自然界の事象に応用して分類、関連させ、人と自然環境を統一しています。

経穴(ツボ)について

経穴(ツボ)について
経絡、経穴(ツボ)

経絡(気のとおり道)の上にあるツボは、気が出入りする扉のようなものです。
そして、ツボは体内の状態が表れる反応点であり、治療点です。

皮膚上のツボからは、体内の変調を感じ取れます。
そしてツボを押したり、撫でたり、叩いたりすると心身が心地よくなることがわかります。
この人体に備わった感覚と、働きかけが積み重なって2000年以上前に、経験医学としての東洋医学が成立しました。

鍼灸治療ではツボに鍼と灸を施すことでこの扉を開け、傷病を治していきます。

お問い合わせ・ご予約

お問い合わせはお電話
メール・FAXで承っております。

TEL 04-2941-2905

診療時間
9:00~12:00
火・水・金 14:00~20:00
土・日 13:00~18:00

休診日:月曜日、木曜日、祝祭日、
夏季・年末年始休業日(事前にお知らせ)

メールでのご予約 メールでのお問い合わせ