立体造顔美容鍼とその流れ

当院は、JMACC日本メディカル美容鍼協会の会員であり、立体造顔美容鍼®という安全で効果的な技術を導入しています。
顔には普段の生活であまり使わない筋肉もあれば、使いすぎて凝っている表情筋もあります。
必要な筋肉に打った鍼に微弱電流を流すことで、たるんだ筋肉はしっかり引き締め、使いすぎた表情筋は上手にゆるめて、理想のフェイスラインを実現しながら、将来のシワやたるみを防ぎます。
(鍼.振動灸+手技+置鍼薬36ヶ所+鍼通電16ヶ所)

☆立体造顔美容鍼の流れ
治療前にカウンセリングシートに記入して頂きます。
⇒たるみの状態、シワの状態、肌荒れの状態、顔色、くすみ、クマ、シミの状態等の場所や気になる度合いについての評価を選択方式で記入して頂きます。
⇒施術の目的、内容、副作用、予後等について説明したあとに美顔鍼の同意書に記入して頂きます。
⇒施術に入ります。
・デコルテラインから首、顎にかけて鍼と振動灸で筋を緩めてほぐします。
・触診による拘縮度を診ます。フェイスマッサージを行い、顔・頭の筋を緩めます。
・普段の生活で、顔の筋肉も知らない間に凝っています。顔の筋肉のコリを留置鍼でしっかりとゆるめていきます。。
・ほうれい線、目尻のしわ、眉間、おでこのしわに直接鍼をしていきます。
・顔のあまり使わない筋肉はそのまま放っておくと老化し、顔全体のたるみやホウレイ線につながります。鍼で筋肉の血流を促し、16ヶ所の鍼通電でしっかりと引き締めます。
・微弱電流の端子を外し、抜鍼し、タオルで顔を拭いて、施術は終了です。
⇒治療後にケアのアドバイスをさせて頂きます
鍼をすると皮下組織が微小に傷つき、皮膚の修復機能が自然に働きます。その修復過程でコラーゲン繊維・エラスチン繊維の生成が促され、弾力のある肌がつくられます。

お問い合わせ・ご予約

お問い合わせはお電話
メール・FAXで承っております。

TEL 04-2941-2905

           

診療時間 9:00~13:00 /14:00~20:00
休診日 日曜日・祝日・木曜日午後

メールでのご予約 メールでのお問い合わせ